瀬戸弘司の「他者日記」

劇団天然工房に所属する瀬戸弘司のブログです。俳優として舞台に立ったり、脚本を書いたりしています。

★最近のエントリー★

2013年10月30日(水)なんとなく更新
  もうこのブログの更新は行っていないのですが、ほうっておくと広告がつくので、なんとなく更新しておきます。私の新しいブログはこちらです。瀬戸弘司のブログよろしくお願…

2013年02月03日(日)【お知らせ】ブログを移転いたしました。
  どうも瀬戸です。ブログが新しくなりました。「瀬戸弘司のブログ」http://kojiseto.com/独自ドメインを取得しまして、WordPressで作る新しいブログに生まれ変わりました。…

2013年01月17日(木)SONY α NEX-5R、買ってみたらマジで凄かった…これでいいじゃん、もう。
  カメラ、これでいいじゃん…僕は満足してしまいました。とか言っているのはいまだけの話で、これはレンズ沼にはまる前兆です。まずいなあ。SONYめっちゃいいじゃん。なにこ…

2013年01月15日(火)【やや長文】俺はエレキギターよりクラシックギターの方が好きだ。
  ナイロン弦がやっぱり好きです。数年前から趣味でウクレレを弾き始めました。家の中で自分の楽しみのために弾いているだけで他人の前で発表できるような実力は持ちあわせて…

2013年01月14日(月)雪が降ったので雪の動画を撮りました。
  東京都心、10年ぶりの大雪!2013年1月14日(月) 成人の日首都圏では初雪にして、10年に一度の大雪だったそうです。朝カーテン開けたら外が真っ白でびっくりしましたよ。さっ…

2013年01月13日(日)めっちゃプーン連呼してるやん。
  じへいさんがプーンの元ネタを発見してくださいました(笑)これって昔、朝のひらけポンキッキ的な番組で見た覚えがあるなあ、ピーちゃん。ピーちゃんは「ピー」じゃなくって…

2013年01月12日(土)あぁ、大失敗だ。
  買うときはちゃんと確認してから買おうね。新型iMacに旧型iMacの保護フィルムを貼ってしまいました。動画のサムネイルにある保護フィルムのパッケージを見れば、その「エッ…

2013年01月12日(土)新次元レビュアー、瀬戸弘司。
  NAVERまとめに僕単体のまとめが出現しました。ありがたいことです。NAVERまとめには無数のまとめがあって、その中のほんのひとつのまとめに過ぎないのですが、いざ載ってみ…

2013年01月12日(土)「感情を失った次男」シリーズの人気がすごい。
  金曜夜に公開した動画は爆発しました。僕は三人兄弟の長男です。下に次男と三男がいるわけですが、そのうちの次男にカメラを向けると感情を失ったような芝居をするというこ…

2013年01月06日(日)最近、こっそりハマっているYouTube動画。
  こういう系のゲームはあんまりやらないから観てるだけで満足コメディ、コント、商品紹介、音楽PV、メイク、アニメーション…YouTubeにはいろんなチャンネルがありますね。そ…

2013年01月06日(日)お正月、実家に帰った時の動画素材がわんさかあるんや。
  新年、あけましておめでとうございます。実家に帰った時についつい動画を撮ってしまってですね…全部で4時間半。4時間半の中から一本にまとめられそうな部分を切りだしな…

2013年01月02日(水)五年ぶりの実家が変わりすぎていて反省した。
  五年ぶりに小浜の実家に帰りました。福井市の方の実家にはたまに帰っていたのですが、小浜市にある本家への帰省は五年ぶりでした。いやあ変わってる変わってる。家がリフォ…

2012年12月28日(金)すごいアプリが出たぞ!iPhoneが勝手に360°回って動画を撮ってくれるんだ!
  最初は手品かと思いました。とにかく動画を観てみてください。驚きますよ!!!iPhoneが360°回転して勝手に動画を撮ってくれます。すごい!!!85円のiPhone用アプリです。…

2012年12月28日(金)年末年始は家族や友達と「合体」しよう。
  大勢でやってみると絶対に盛り上がりますよ。ニンテンドー3DSのカメラ機能の中に「合体カメラ」なるものがあります。これ、僕知らなかったんですが、使ってみるとすごく面…

2012年12月28日(金)ちょっとだけ本当のことを混ぜるとリアルな嘘になる。
  平沢唯ちゃんが本当に可愛く見えてきたぜ・・・「けいおん!」の主人公・平沢唯ちゃんのフィギュアをゲットしたので、ちょっと話をしてみたんですよ、フィギュアと。何を言…

2012年12月24日(月)任天堂はたまにしかゲームをプレイしない人に対してもやさしい。
  クリスマス限定のイベントですよ!!やるしかない!僕、あんまりプレイしていないんですが、「やっぱりクリスマスだからなんかあるに決まってるでしょ?」って思ったんです…

2012年12月22日(土)CanonのビデオカメラiVIS HF G10を導入した途端、動画レビュアーたちがNEX-5Rに流れるというタイミングの悪さについて。
  これが人生初のビデオカメラです。こんにちはー、瀬戸です。Canonのビデオカメラを買ったんですよ、ええ。買いました。いままで僕はずーっと一眼レフカメラの動画機能を使…

2012年12月20日(木)スポーツ報知に僕のインタビュー記事が掲載されました。
  瀬戸弘司、スポーツ新聞デビューです!今朝、Twitterで教えていただいて知ったのですが、12月20日(木)のスポーツ報知に僕のインタビュー記事が出てましたね。実は、YouTube…

2012年12月19日(水)【告知】クリスマス前に瀬戸弘司が出没するイベントがふたつあります!
  今週末です、みんな来てね!12/23,24にふたつのイベントに出没します。★12/23(日) <劇団スカッシュライブ>会場:秋葉原BANKINYAhttp://www.bankinya.jp/参加費:1,000円…

2012年12月17日(月)再生数340万回、このネコ動画で萌え死んでください。
  めっさ癒されますよ。YouTube NextUp 2012 のメンバー「SKYtomo」くんのチャンネルの大ヒット動画。再生数340万回、超絶癒される猫動画です。やばいです。やばいです、まじ…

2012年12月14日(金)タイムリマップを使って、高速アクションシーンを作ってみた!
  スピードアップさせればアクションシーンも格好良くなります。映像や舞台でアクションシーンを作ろうとする時、舞台ではスピードをごまかすことはできませんが、映像の場合…

2012年12月13日(木)3分でわかる!YouTube NextUpクリエイターキャンプ・コラボ動画撮影の様子。
  かなりハードな2日間でした。YouTube公式チャンネルから、クリエイターキャンプの2日目&3日目の動画が公開されました。たった3分でなんとなくクリエイターキャンプの…

2012年12月13日(木)やっときた!待望のGoogle Maps for iOS がついにリリース!
  やっときましたねっ!!!待望のiOS版GoogleMapsが本日リリースされました!ちょっと触ればわかります、サクサクです(笑)拡大すれば細かいところまで建物などが確認できま…

2012年12月12日(水)YouTube公式のクリエイターキャンプ記録動画が公開されました。
  まずは初日の分です。YouTube NextUp 2012 クリエイターキャンプ初日の様子が、YouTubeジャパン公式のチャンネルにて公開されました。プロの方が一日中ずっと撮影していた…

2012年12月12日(水)Kindle Paperwhite 3Gがやってきてない!
  タイトルのとおりです。まだ僕のKindleが届きません。届かないだけならいいんですが、先に保護フィルムだけ来るとか、Amazonどんだけ〜ですよ。それにしても、この動画はも…

2012年12月12日(水)買ったばかりの3DS LLどうぶつの森限定モデルが黄ばんでしまいました。
  こういうことってあるんですね…油断しました。ひょんなことから買ったばかりのニンテンドー3DS LLの限定モデルが黄ばんでしまいました。今後、こういったことが起こらない…

2012年12月12日(水)福岡プチオフ会でいただいたものをご紹介。
  たくさんの差し入れをいただきました。福岡旅行に行った際、突然プチオフ会を開催してみました。そのときの記事がこちら。福岡で突然オフ会を開催してみて思ったこと。雨の…

2012年12月08日(土)YouTube NextUp 2012 初日終了。とりいそぎミニ動画を3本。
  楽しいっす!そして猛烈に疲れてます!!YouTube NextUp 2012 クリエイターキャンプ初日終了。今ホテルでこの記事を書いています。2時間しか寝てない状態で参加したので最…

2012年12月06日(木)ぐはあ!!!!いよいよ明日からYouTube NextUp 2012クリエイターキャンプだ!
  すごく緊張しております。12月7日から「YouTube NextUp 2012クリエイターキャンプ」がはじまります。いま荷造りと動画編集に追われている瀬戸です。「YouTube NextUp 2012…

2012年12月05日(水)どうやらレア物らしいので、エアアジア ヒコーキ型光学式マウスを購入してみました。
  「限定」と聞くとついつい飛びついてしまいます。ミーハーなんですよね。機内でしか買えないらしいと聞いて、エアアジア オリジナルグッズである「ヒコーキ型光学式マウス…




 --/--/--  このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2010/10/13  このエントリーをはてなブックマークに追加  

公共性とは何か





写真、携帯で撮ったので暗くて見えにくいですが、「みんなの空気入れ」と書いてありますね。

近所の自転車屋の前に、設置されている空気入れで、誰でも、自由に使うことができます。

柱に、鎖でつながれてはいますが、この空気入れは、自転車屋が閉店した後でも、「24時間」いつでも使うことができます。これは、空気入れを持っていない人にとっては重宝しますね。ありがたい。


話は変わりますが、最近、高橋源一郎さんがツイッター上でおこなっている「深夜0時の小説ラジオ」が、久々に復活しました。そのときのテーマは「公と私」でした。とても興味深いツイートでしたので、転載させていただきます。


本日の予告編1・さて、今日は久しぶりに「午前0時の小説ラジオ」をやろうかと思います。だんだん間隔が開いて、月に1度か2度ぐらいになってますが、秋になって少し元気になってきたので、なんとか週1ぐらいではやりたいと思っています。考えたいことはいくらでもあるので。

本日の予告編2・この間が「反小沢」、ついこの間は「尖閣」問題で「反中国」、怒濤のような感情の波が間欠的に押し寄せます。ずいぶん感情的な国民なんだなあと思います。なににいらだっているのでしょう。でも、今日はそれを直接考えるのではなく、「公」と「私」について考えてみたいと思います。

本日の予告編3・「新しい公共」というような言葉も、少しの間だけど使われていました。でも、ほんとうのところ「公共」って何を意味しているんだろう。それがわからないと、その反対の「私(的)」のこともわからないのかもしれない。今晩はそのあたりのことを考えたいと思います。では、24時に。

午前0時の小説ラジオ・「公的」と「私的」1・「尖閣諸島」問題(中国にとっては「釣魚島」問題)でマスコミに「売国」の文字が躍った。「尖閣諸島はわが国固有の領土」といってる首相が「売国奴」と呼ばれるのだから、「中国のいってることにも理はある」といったらどう呼ばれるのだろう。非国民?

「公と私」2・「尖閣」諸島はもともと台湾に付属する島々で、日清戦争後のどさくさに紛れて、下関条約で割譲されることになった台湾の傍だからと、日本が勝手に領有を宣言した、ということになっている。だとするなら、台湾を返却したなら、「尖閣」も返却するのが筋、というのも無茶な理屈じゃない。

「公と私」3・というか、領土問題は「国民国家」につきまとう「不治の病」だ。日本も中国も、同じ病気なのだ。国家は病気(狂気)でいることがふつうの状態なのである。国民は、頭のイカレた国家に従う必要はない。正気でいればいいのだ。だが、今日したいのはその話ではない。関係はあるけれど。

「公と私」4・「尖閣」問題のような、あるいは、「愛国」や「売国」というような言葉が飛び交う問題が出てくると、ぼくは、いつも「公と私」はどう区別すればいいのだろうか、とよく思う。「公共」というような言葉を使う時にも、自分で意味がわかっているんだろうかと思う。そのことを考えてみたい。

「公と私」5・この問題について、おそらくもっとも優れたヒントになる一節が、カントの「啓蒙とは何か」という、短いパンフレットの中にある。それは「理性の公的な利用と私的な利用」という部分で、カントはこんな風に書いている。「どこでも自由は制約されている。しかし啓蒙を妨げているのは…

「公と私」6・「…どのような制約だろうか。そしてどのような制約であれば、啓蒙を妨げることなく、むしろ促進することができるのだろうか。この問いにはこう答えよう。人間の理性の公的な利用はつねに自由でなければならない。理性の公的な利用だけが、人間に啓蒙をもたらすことができるのである…」

「公と私」7・「…これに対して理性の私的な利用はきわめて厳しく制約されることもあるが、これを制約しても啓蒙の進展がとくに妨げられるわけではない。さて、理性の公的な利用とはどのようなものだろうか。それはある人が学者として、読者であるすべての公衆の前で、みずからの理性を行使する…」

「公と私」8・「…ことである。そして理性の私的な利用とは、ある人が市民としての地位または官職についている者として、理性を行使することである。公的な利害がかかわる多くの業務では、公務員がひたすら受動的にふるまう仕組みが必要なことが多い。それは政府のうちに人為的に意見を一致させて…」

「公と私」9・「…公共の目的を推進するか、少なくともこうした公共の目的の実現が妨げられないようにする必要があるからだ。この場合にはもちろん議論することは許されず、服従しなければならない」

「公と私」10・ここでカントはおそろしく変なことをいっている。カントが書いたものの中でも批判されることがもっとも多い箇所だ。要するに、カントによれば、「役人や政治家が語っている公的な事柄」は「私的」であり、学者が「私的」に書いている論文こそ「公的」だというのである。

「公と私」11・ぼくも変だと思う。実はこの夏、しばらく、ぼくはこのことをずっと考えていた。そして、結局、カントはものすごく原理的なことをいおうとしたのではないかと思うようになったのだ。たとえば、こういうことだ。日本の首相(管さん)が「尖閣諸島は日本固有の領土だ」という。

「公と私」12・その場合、首相(管さん)は、ほんとうにそう思ってしゃべったのだろうか。あるいは、真剣に「自分の頭」で考えて、そうしゃべったのだろうか。そうではないことは明白だ。首相は「その役職」あるいは「日本の首相」にふさわしい発言をしただけなのである。

「公と私」13・自民党や民主党や共産党や公明党やみんなの党の議員が、政治的な問題について発言する。それが「問題」になって謝ったりする。その時、基準になるのは、彼らの個人的な意見ではない。「党の見解」「党員の立場」だ。それらを指して、カントは「私的」と呼んだのである。

「公と私」14・国家や戦争について話をするから自動的に「公的」や「公共的」になるわけではない。しかし、それを「私的」と呼ぶのはなぜなのだろう。それは、その政治家たちの考えが一つの「枠組み」から出られないからだ。そして、その「枠組み」はきわめて恣意的なのである。

「公と私」15・「尖閣」問題を、日本でも中国でもない第三国の人間が見たらどう思うだろう。「そんなことどうでもいい」と思うだろう。国家を失った難民が見たらどう思うだろう。「そんなくだらないことで罵りあって、馬鹿みたい」と思うだろう。「私的な争い」としか彼らには見えないはずだ。

「公と私」16・カントは、一つの「枠組み」を設定した上でなされる思考を、すべて「私的」であるとしたのだと思う。だから、カントは、上官の命令に従う軍人も、神の言葉を仲介する牧師も、国家の未来を憂う政治家も、みんな「私的」であり、それ故、真の啓蒙に至ることはないとしたのである。

「公と私」17・では「私的」ではない考えなどあるのだろうか。なにかを考える時、「枠組み」は必要ではないだろうか。カントの真骨頂はここからだ。「公的」であるとは、「枠組み」などなく考えることだ。そして、一つだけ「公的」である「枠組み」が存在している。それは「人間」であることだ。

「公と私」18・「啓蒙とは何か」の冒頭にはこう書いてある。「啓蒙とは何か。それは、人間がみずから招いた未成年の状態から抜けでることだ。未成年の状態とは、他人の指示を仰がなければ自分の理性を使うことができないということである。人間が未成年の状態にあるのは、理性がないかではなく…」

「公と私」19・「…他人の指示を仰がないと、自分の理性を使う決意も勇気ももてないからなのだ。だから、人間はみずからの責任において、未成年の状態にとどまっていることになる」

「公と私」20・「自分の頭で」「いかなる枠組みからも自由に」考えることの反対に「他人の指示を仰ぐ」ことがある。カントは別の箇所で「考えるという面倒な仕事は、他人が引き受けてくれる」とも書いた。それは、既成の「枠組み」に従って考えることだ。それが「公的」と「私的」との違いなのである

「公と私」21・国家や政治や戦争について考えるから「公的」なのではない、実はその逆だ。それが典型的に現れるのが領土問題なのである。「日本人だから尖閣諸島は日本の領土だと考えろ」と「枠組み」は指示する。同じように「中国人だから釣魚島は中国領だと考えろ」と別の枠組みも指示する。

「公と私」22・もちろん、ぼくたちは、思考の「枠組み」から自由ではないだろうし、いつも「人間」という原理に立ち戻れるわけでもないだろう。知らず知らずのうちに、なんらかの「私的」な「枠組み」で考えている自分に気づくはずなのだ。「公」に至る道は決して広くはないのである。

「公と私」23・最後に少し前に出会ったエピソードを一つ。深夜、酒場で友人と小さな声で領土問題について話していた。あんなものいらないよ、と。すると、からんできた男がいた。男はぼくにいった。「おまえは愛国心がないのか。中国が攻めてきた時、おまえはどうする。おれは命を捨てる覚悟がある」

「公と私」24・だからぼくはこう答えた。「ぼくには、家族のために投げだす命はあるが、国のために投げ出す命なんかないよ。あんたは、領土問題が出てきて、急にどこかと戦う気になったようだが、ぼくは、ずっと家族を守るために戦ってる。あんたもぼくも『私的』になにかを大切に思っているだけだ」

「公と私」25・「あんたとぼくの違いは、ぼくは、ぼくの『私的』な好みを他人に押しつけようとは思わないことだ。あんた、愛国心が好きみたいなようだが、自分の趣味を他人に押しつけるなよ。うざいぜ」

「公と私」26・ぼくも酔っぱらうとこういうことをいうんだなと思いました。訂正はしません。以上です。ご静聴ありがとう。



とても、難しそうな話だとは思いますが、「公」というのは、つまり「みんな」ということです。

特定の集団ではなく、誰一人として漏れることのない「みんな」です。

これ、意外と難しいですよ。

たとえば、「よい子のみんなー!」とか言いますけど、それは「公」という考えで見てみれば、「みんな」じゃないですよね。「よい子」に限定されてしまっているわけですから。「わるい子」も、「よくもわるくもない子」もすべて含めて、やっと「みんな」であるはずです。

とにかく、一人も「そこに入らない人」がいてはならない。

ですから、「公の場」というのは、もうとにかく「みんな」いるわけです。

「公共の施設」というのは、もうとにかく「みんな」使えるように作られていなければいけない。そうやって考えるとね。


ここで、やっと、冒頭の写真です。

「みんなの空気入れ」ですよ。この自転車屋の店主とはしゃべったこともありますが、いいネーミングですよね。なにしろ、「みんなの」ですから。ここに自転車屋店主の思想を感じたわけです。

はたして、鎖を撤去した状態でも、「みんなの空気入れ」は運用していけるのだろうか?

現在は、柱に鎖でつながれていますが、これを撤去したとしたら、すぐに、誰かに持って行かれてしまうのでしょうか?それとも、鎖をしていたときと変わらず、24時間ほったらかしで使用できるのでしょうか?

ここに、社会の成熟度が問われるわけです。


「みんなのゴルフ」とか、「みんなの党」とか、「みんな」というワードはけっこう気軽に使われているわけですが、なかなか侮れない言葉ですよ。


以上!


関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tasyanikki.blog115.fc2.com/tb.php/110-4167c276

前のページ  | HOME |  次のページ

特集


ブログを検索


WWW を検索
「他者日記」を検索

カテゴリ

未分類 (14)
動画 (249)
フォト (84)
twitter雑記 (26)
雑記 (69)
ミュージック (9)
漫画 (8)
アプリ (1)

アクセス


記録


プロフィール

eguri
瀬戸弘司

劇団天然工房で俳優として活動しています。


これはいいよね。



▼今、メインで使っているカメラです。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディEOS60D



▼背景を思い切りぼかしたいならこのレンズ
シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM キヤノン用



▼望遠はこれを使っています。
Canon EFレンズ EF70-200mm F4L IS USM ズームレンズ 望遠



▼今使っている、標準レンズです。素晴らしいです。
シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM EO キヤノン用



▼CANONの一眼レフ、エントリーモデルといったらこれ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X5



▼ハワイの3大メーカー「カマカ」のウクレレ。これ買っとけば、間違いないです。
KAMAKA HF-1 ソプラノ


Amazonリンク


最近のエントリー


最近のつぶやき


アーカイブ


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。